パンツ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドベースボールクラシック〜2次リーグアメリカ戦

<<   作成日時 : 2006/03/13 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

朝、起こされて途中からみました。
上原の好投とイチロー、川崎の好打で3−1とリードしてました。
ピッチャーが清水に交代したばかり。このWBCはこの継投が鍵だと密かに思ってます。
日本は先発陣、上原、松坂、渡辺は結構しっかりしてますが、中継ぎが心もとない。
抑えは大塚がいますからそこまで繋ぐピッチングスタッフが多少心配です。
(ここに長谷川滋利がいたらなぁ...)
一方、アメリカチームはバッターも超一流、ピッチングスタッフも隙がありません。
序盤のリードをどのように守っていくか注目してみてましたが、やはり清水がつかまってしまいましたね。力を十分に発揮すれば抑えられると思いますが、初めてのアウェーでメンタル面に来ていたように思いました。(多少弱気になっていたのか)コントロールが多少狂っていましたね。そこで、内角ストレートはなかったんじゃないかな、谷繁!!あれは打たれるよ。まっすぐならば胸元でしたね。外角のスライダーまたはストレートで勝負して欲しかった。しかし、まだ同点!勝負はわかりませんが、アメリカのピッチャーからどうやって点を取るのか楽しみにみていると、アメリカピッチャー陣もプレッシャーを感じているのか、コントロール、球威ともイマイチでしたね。そこでつかんだ8回表1アウト満塁のチャンス。岩村のレフトフライから西岡のタッチアップ。らくらくホームイン。「1点取ったで」と思っていたら、疑惑の判定、離塁が早いとアウトの宣告。「そりゃないで。」誰が見ても(アメリカ人が見ても)セーフでしょう。証拠に2塁審判はセーフの宣告。アウェーは厳しいね。つくづく思いました。王監督の抗議もむなしく判定は覆りません。気持ちを切り替えて、誰にも文句を言われないような点を取ってくれと祈るばかり。清水のあとの薮田は好投、9回に藤川が来ましたが、先頭バッターフォアボール。次打者送りバント、しかし、ファーストに送った球は多少ずれたのかベースカバーに入った西岡の足が離れたとの判定。これもまたアウェーですね。日本なら確実にアウトでしょう。それから満塁になり、A.ロッドがドンづまりの二遊間方向、西岡追いつくが捕球できず、さよなら負けを喫してしまいました。惜しかったですね。8回に点が入っていれば、最終回は大塚で勝っていたやろな。大変惜しかったです。しかし、アメリカ審判の判定は納得できません。ベースボールの国がこんなんかと思いました。残念です。しかし、メキシコと韓国を破って次に行って欲しいです。そこでまたアメリカを破って欲しい。期待しています。頑張れ王ジャパン!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アウェイの洗礼
 日本時間で午前6時に始まったWBC2次リーグ・プール1の第1試合、日本対アメリカは、3対4のサヨナラ勝ちでアメリカに軍配が上がった。ただでさえ体格差で勝るのに、メジャーの超一流選手を揃えたアメリカを、結果的には負けたとは言え、最後の最後まで苦しめた王ジ.... ...続きを見る
バックスクリーンの下で 〜For All...
2006/03/13 18:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールドベースボールクラシック〜2次リーグアメリカ戦 パンツ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる